ぞうのブログの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 丹後から帰ってきました

<<   作成日時 : 2011/11/23 22:41   >>

トラックバック 0 / コメント 2

2日間の走行距離は約630kmで、アクセラのオドメーターは60000kmを超えてしまいました(^ ^;

取り急ぎ、天橋立に1泊した後の本日の行程ですが、宿泊したのは昨夜のお風呂でも利用した「クアハウス岩滝」に隣接している「橋立ベイホテル」でした。(温泉とセットの宿泊プランがありましたので、温泉シールラリー巡りも効率が良かったです)

画像


ホテルを出て、まずは天橋立を見に行く事としましたが、事前に調べた所では「天橋立三大観」という3か所の絶景スポットがあるとの事でしたが、天橋立ビューランド(飛龍観)と傘松公園(斜め一文字)はケーブルカーやリフトなどに乗らなければならず、位置的にも観光客が多く、駐車場代もかかるかなと思い、ホテルから近く穴場的なスポットかと思われた大内峠一字観公園(横一文字)をめざして行ってみると、峠道はやや険しかったものの、人も少なくノンビリ横一文字を見る事ができました(^o^)V

画像




天橋立を見た後は、国道178号線を北上して(道中にある傘松公園では予想通り駐車場の呼び込みをやっていました…冷汗)天橋立とともに今回のドライブで外せなかった「伊根の舟屋」をめざしましたp(^ ^)q

画像


画像




伊根の舟屋は、かなり前にNHK連続テレビ小説(朝ドラ)の舞台となった記憶があるのですが、海に面した家屋の1階が船着き場で2階が住居という昔ながらの建物が連なっている風景を見た時に、一度は行ってみたいと思っていたもので…(*^_^*)

というワケで、伊根の舟屋では遊覧船に乗るつもりでいましたが、天橋立ほどは観光地化されていない事と、朝イチで行きましたので、乗客も10人くらい(3〜4グループくらい)でノンビリ観光する事ができましたo(^o^)o

画像


遊覧船に乗った後は、道の駅にもなっている「舟屋の里公園」へ行ってみましたが、こちらは展望台からの舟屋の眺めが良かったです(^o^)

画像


画像




伊根の舟屋を堪能した後は、明日からの仕事もありますので帰途に着きましたが、今度は京都縦貫道をメインに一般道と乗り継ぎながら京都市内へ出て、昨日立ち寄った「三方温泉・きらら」や「クアハウス岩滝」と同じく温泉シールラリーの対象となっている「ホテル京都エミナース 竹の郷温泉」で一休みしてきました>^_^<

画像




京都からは名神か新名神かで迷いながらも、チョット寄り道しながら新名神で帰る事としましたが、四日市の渋滞も10kmと表示されていたものの、意外と流れていて、午後9時頃に帰り着いた後は洗濯に追われて(爆)落ち着いた所でブログ更新というワケで…(^ ^;;;

とりあえず、1泊2日の丹後ドライブは、こんな所なのですが、来月も閑散期で余裕もできるかと思いますので、また機会を見つけて、お出かけしたいです(^_^)/^^^

【関連サイト】
大内峠一字観公園

伊根の舟屋めぐり

ホテル京都エミナース


橋立ベイホテル
楽天トラベル
ハーブの香りに包まれた欧風リゾートホテル


楽天市場 by 橋立ベイホテル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
一字観公園というんですね。文字通り、一直線が見える公園なのですね。混雑していなくて、独占気分を味わったのではないでしょうかw

伊根の舟屋はNHK連続ドラマの舞台となったのでよく覚えています。「ええにょぼ」だったでしょうか。ちょうど釣りにハマっていたときだったので、私は家の中から釣りをやりたいと思いました(笑)釣りバカ日誌でも舞台になったよね。

私もこの前気仙沼から帰って来る時、東北道がラジオで2か所ほどが「3、4kmの渋滞」と放送していました。実際には、止まってしまうような渋滞はなく、ほぼスムーズに走ることができました。最近は、後から文句を言われないように、ドライバーにはやや大げさに報告しているのでしょうか?(笑)

せっかくですので、京都の立ち寄りは当然でしょうw しかもホテルの竹の郷温泉でゆっくりできたのですから最高でしたね。
エンピロ
URL
2011/11/24 22:08
>エンピロさん

一字観公園では完全に独占状態でしたが、峠までの道が狭いですので、混雑したらエライ事になるのかも…(と言いつつ、今回は行きも帰りも、すれ違ったクルマはゼロでした…冷汗)

「伊根の舟屋」が舞台となった朝ドラは「ええにょぼ」でしたね(*^_^*)

たしか「釣りバカ日誌」にも登場していた記憶もありますし、釣り好きの方にもオススメのスポットなのかもしれませんねp(^ ^)q

帰りの渋滞は京都市内でも所々でありましたが、ちょうど良い所に立ち寄れる温泉もありましたので、長距離の割りには疲れは少なくて、即日のブログ更新ができたのかも…(^ ^;
ぞう@管理者
URL
2011/11/24 23:37
丹後から帰ってきました ぞうのブログの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる