ぞうのブログの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS ドリーム号と新東名スーパーライナーを組み合わせて

<<   作成日時 : 2016/03/02 23:13   >>

トラックバック 0 / コメント 0

0泊2日で東京へ行ってきましたp(^ ^)q

今回の東京行きについては、前回のブログでも予告した通り、当初は浅草への日帰り強行という事で計画していたのですが、実は前回紹介した新東名&浅草ドライブで痛恨のミスを犯してしまいましたので、先に紹介しときます(>_<)

というのも、前回のブログで帰りのカーナビ画面を紹介しておきながら降りるインターが、せと赤津インター(東海環状道)となっており、おかしいと気付かれた方も見えるのかもしれませんが、せと赤津インターは新東名開通記念ドライブプランの発着エリア外という事に、この時は気付いていなかったんです(-_-)zZ・・・

現在住んでいる瀬戸・尾張旭エリアから高速ドライブをする時には、行き先によって名古屋インター(東名)、引山インター(名二環)、大森インター(名二環)、せと赤津インター(東海環状道)を使い分けるのですが、新東名開通記念ドライブプランの尾張発着のエリアは一宮インター(名神)、小牧東インター(中央道)、名古屋西ジャンクション(名二環)、東海インター(伊勢湾岸道)と広範囲に渡っていましたので、せと赤津インターもエリア内と思い込んでいたものの、帰宅してからチェックしてみたら、東海環状道の適用エリアは今回開通した豊田東ジャンクション直近の豊田松平インターまで(@@;

気付いた時には後の祭りで、nexco中日本にも電話で問い合わせてみたものの、復路で利用した新清水インター〜せと赤津インターの通行料金(4,700円)はドライブプランの定額料金(9,300円)とは別に請求されるとの事(;_;)

というワケで、当初は往復新幹線での日帰り強行を計画していたものの、余分に支払うハメとなった4,700円を削る必要に迫られた事から、今回の行程に至りました(^ ^;

東海道新幹線のエクスプレス予約は、手数料なしで予約変更ができますので、既に予約していた分は、その次に出かけるだろうと思われる日の予約に変更しておいて、行きは当日(3/1)の早朝に東京へ到着し、現在住んでいる瀬戸・尾張旭エリアから乗車できる「ドリームとよた2号」を特割+ネット割の3,820円で予約購入p(^ ^)q

画像


バスの写真は最初の休憩所である三ヶ日インターで撮影しましたが、乗車してから3時間近く経った深夜1時頃の休憩でした(^ ^;;

画像


東京駅の到着予定時刻は5時44分でしたが、5時30分過ぎには東京駅に着いてしまい、どうしようと思いながらも東京駅の構内で朝食を取れる店が1軒だけありましたので、まずは腹ごしらえする事に…(注文レジには行列ができていましたが、この時間に行列ができるだけの人がいるのも東京ならなのでしょうか…)

朝食の後はコロプラの関係で少しだけ乗り鉄したものの、目的地の浅草で開場待ちをするとしても、あまりにも早すぎますので(爆)以前に逆行程(関連記事としてリンクした浅草帰りに「ドリームとよた1号に乗車した時)に利用した御徒町のサウナで朝風呂と仮眠を兼ねて時間つぶし(^ ^;;;

画像


そして、いつもの通り浅草の劇場で2回連続で観た後は帰宅の途に就きますが、通常なら東京駅17時26分発車の「こだま675号」をエクスプレス予約の「こだま☆楽旅IC早特」を使う所なのですが、新東名ドライブで大損をしてしまった事と、翌日(3/2)が遅番勤務であった事から、東京駅を17時30分に発車する東名ハイウェイバスの「新東名スーパーライナー19号」を早売1+ネット割の3,580円で予約購入して乗車>^_^<

画像


首都高速の大橋ジャンクションで渋滞していた影響で(こちらの区間は1週間前の新東名ドライブで通った時にも渋滞していました…)名古屋駅には15分遅れでの到着(22時55分頃)となりましたが、日付が変わるまでには帰宅する事ができました(*^_^*)

画像


1日の休みだけで、夜行と昼行の東名ハイウェイバスを使って東京へ行くルートは以前から考えていながらも、必要に迫られる形で実行する事になりましたが、東京駅までの往復運賃は7,400円で「こだま☆楽旅IC早特」片道の9,000円よりも安く済みましたので、これで新東名ドライブのミス(大損)は取り戻せたかも(^o^)V

次回の浅草は3月後半となりますが(冷汗)東京での午前中に時間つぶしの合間に「青春18きっぷ」も購入しましたので(「えきねっと」のポイントで引き換えた「びゅう商品券」がありましたので、今シーズンはJR東日本の駅で購入しようと決めていたもので…)合間を縫って温泉シールラリー「ゆらん」の攻略も実行できるように考えてみたいと思いますo(^o^)o

【関連記事】
久し振りの夜行バス

【関連サイト】
ジェイアール東海バス


スパリゾート プレジデント
楽天トラベル
【男性専用】 東京初の木のカプセルホテルです。210cmのゆったりサイズ。サウナ館のご利用もOK。


楽天市場 by スパリゾート プレジデント の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ドリーム号と新東名スーパーライナーを組み合わせて ぞうのブログの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる