ぞうのブログの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 東北半周から東京ゆらんへ

<<   作成日時 : 2017/07/23 22:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

前回ブログの続きですが、悩んだ末に至った結論がタイトルだったりして(^ ^;

JR東日本30周年記念パスを使っての旅行2日目(7/22)で秋田行きと、最終日(7/23)に予定していた日本海縦貫線の乗り鉄は消えてしまったものの、使用開始した30周年記念パスの取り消しはできませんので、厳しくなった条件の中でも楽しめる行程を考えていましたので、まずはボツになった行程も含めて列挙してみます…

(1)とりあえず盛岡へ(行ける所まで)向かう⇒盛岡の宿泊では日本海縦貫線では帰れないですし、盛岡で宿泊した時点で最終日(7/23)は、そのまま戻る(帰る)しかなくなる…

(2)そのまま仙台に宿泊⇒仙台の劇場が閉館しましたし(ちなみに仙台の劇場は1回だけ行った事があります…冷汗)最終日の行程は盛岡と同じく帰るだけとなってしまう…

(3)東京に戻り、新宿など浅草の系列劇場で楽しむ(爆)⇒東京の到着時刻は早くても19時を過ぎ、最終の回でも通しで観られるか怪しいし、23時の終了後に近くでチェックインできるホテルが今から予約できるのか…

…というワケで、最終的に至った結論が、タイトルの通り「東京ゆらん」の続きをする事となりましたが、蒲田の施設が9月中旬から長期休業に入るとの情報があり、早めにクリアしておきたいと思っていた事と、スマホで楽天トラベルを検索した所、前の「東京ゆらん」で蒲田に泊まったホテルが1部屋だけ空いていましたので、そのまま予約して向かいました(^_^)/^^^

画像


蒲田での「東京ゆらん」巡りについては、前回の時にもブログで紹介していますので、関連記事のリンクに留めて最終日の本日(7/23)に移りますが、当初の予定は秋田から日本海縦貫線で新潟から上越妙高駅へ向かい、北陸新幹線と「しなの」を乗り継いで、塩尻からのJR東海区間のみ片道乗車券を別購入して帰る予定だった事から、塩尻までは中央線を「あずさ」で向かう方針を立てた結果、南武線の南多摩駅から歩いて行ける「稲城天然温泉 季乃彩」で朝風呂(*^_^*)

画像




南武線は立川駅まで乗り通し、特急「あずさ」で塩尻へ向かいますが、切符の画像がまだでしたので、こちらで撮影した画像を紹介しときますp(^ ^)q

画像


塩尻からはJR東海の中央線で帰る事となりますが、本日(7/23)は臨時快速の「ナイスホリデー木曽路」が運転されていた事と、青春18きっぷのシーズンにも入りましたので、迷わず青春18きっぷを購入して、乗換なしで名古屋市内の最寄り駅まで帰る事ができました>^_^<

画像


画像


というワケで、想定外の出来事がありながらも無事に帰る事ができたものの、秋田の大雨は予想以上のようで、もし逆行程で初日に秋田へ行ったり、2日目(7/22)に仙石東北ラインをスルーして朝から秋田へ向かっていたら、帰れなくなる所でしたので、複雑な気持ちではあるのですが、他人事とは思えないだけに、被害が早く復旧して、今まで通りに秋田へ行けるようになる時が来るのを願うばかりです…

ちなみに8月は夏休み期間の繁忙期という事もあるのか、連休が確保できたのは、お盆期間の1回だけと個人的には不本意な結果となりましたが、遅番勤務を含めた1.5連休などで泊りがけの旅行をするのも不可能ではないと思っていますので、明日(7/24)からの仕事を頑張れるだけのモチベーションを生み出すためにも、お出かけできるプランも考えるつもりですo(^o^)o

【関連記事】
「さわやかウォーキング」から「東京ゆらん」へ

【関連サイト】
稲城天然温泉 季乃彩


アーバイン東京・羽田 蒲田
楽天トラベル
楽天トラベルアワード受賞記念プラン、クオカードプランなど嬉しい特典付きプランが人気☆駅から3分♪


楽天市場 by アーバイン東京・羽田 蒲田 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

東北半周から東京ゆらんへ ぞうのブログの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる